塗装現場レポート

群馬県伊勢崎市 N様邸 屋根塗装 外壁塗装 施工前の状態① チョーキング現象とは

2021.3.19

群馬県伊勢崎市のN様邸にて、屋根塗装・外壁塗装のご依頼をいただきました!

 

今回は、施工前の様子についてお伝えします。

 

まず外壁は、触るとうっすら粉のようなものが付着しました。

これは外壁の汚れではなくチョーキング現象といい、

外壁の劣化を知らせるサインの1つです。

 

群馬県伊勢崎市 N様邸 屋根塗装 外壁塗装 施工前の状態 チョーキング現象とは (1)

 

別名、白亜化現象とも言い、経年劣化により塗膜の中の樹脂の結合力が下がり、

塗膜の中にある顔料(色を作る材料)が塗膜の上に粉となって浮き出てきたものです。

粉がチョークの粉に似ているので、チョーキング現象と呼ばれています。

この現象が見られたら、塗装を考えても良い頃合いです。

 

次に、サイディングの継ぎ目に施してあるシーリング(コーキング)が硬く、

亀裂が入っていました。

 

群馬県伊勢崎市 N様邸 屋根塗装 外壁塗装 施工前の状態 チョーキング現象とは (2)

 

シーリングは隙間を埋めて、弾力性があるので、

地震などの揺れに対応してくれているのですが、

硬く亀裂が入れば、どちらの役割も成す事ができません。

「下地調整の重要なポイント1 コーキング処理」については、こちらのページです。

 

シーリングの硬化により、サッシ周りにひび割れ(クラック)ができていました。

 

群馬県伊勢崎市 N様邸 屋根塗装 外壁塗装 施工前の状態 チョーキング現象とは (3)

 

このまま放置しておくと、雨水が侵入して腐食や雨漏りに繋がる恐れがあります。

「こんな症状には要注意」については、こちらのページです。

 

次回の現場レポートでも、引き続き施工前の様子についてお伝えします!

 

−N−

 

群馬県前橋市、高崎市、伊勢崎市、渋川市、太田市、桐生市、みどり市 で、塗装工事、屋根工事のことなら、マチダ建創へお気軽にご相談ください。

群馬の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

  群馬のお客様の声

もっと見る
top