塗装現場レポート

群馬県桐生市にて防水工事!

2019.7.16

 
いつもご覧頂きありがとうございます。
 
今回も現場レポートの報告です。
 
今回は群馬県桐生市内のお客様邸にて屋根塗装、外壁塗装工事並びに防水工事のご依頼を頂きました。
 
前回までに外壁面の洗浄が完了していますので、今回は塗装の前に既存コーキング打ち替えを行います。
 
既存の目地部分のコーキングはあらかじめ撤去しているので今回は養生からスタートです。
 
このコーキング打ちの際の養生ですがポイントがいくつかあります。
 
まず一つ目は、マスキングテープを貼る前に専用のシーラーを使って、マスキングテープを外壁面に密着させる事です。
 
サイディングはマスキングテープがひっつきにくいので作業中に剥がれ落ちる可能性があります。
 
それを防ぐために、マスキングテープ用のシーラーを塗り、しっかりと密着させます。
 
二つ目に目地ぴったりにマスキングテープを貼らないという事です。
 
目地からはみ出たらダメじゃないか!
と思われますよね。
 
ですが、目地から数ミリ両サイドはみ出す事で外壁と目地どちらにもコーキングが密着するので、防水効果が大きく上がります。
 
仕上がりも両サイドのはみ出る幅を揃える事でとても綺麗に仕上がります。
 
コーキングの劣化が気になっているお客様は是非ご相談くださいませ!
 
外壁塗装、屋根塗装、塗装工事についてお悩みのお客様! 是非お声掛けください!
 
★K★

群馬の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

  群馬のお客様の声

もっと見る