塗装現場レポート

群馬県太田市 Y様邸 屋根・外壁・付帯部塗装工事 屋根下塗り

2020.8.28

群馬県太田市にて、屋根・外壁・付帯部塗装、雨樋交換の現場です。

 

今回は、屋根の下塗りの様子についてお伝えします。

「事業内容 > 外壁塗装・屋根塗装」については、こちらのページです。

 

群馬県太田市 Y様邸 屋根・外壁・付帯部塗装工事 屋根下塗り (3)

 

上の写真は施工前の屋根の状態です。色褪せや細かな傷ができているので、

防水効果が低下しているのがわかります。

 

瓦屋根でも種類によって塗装が必要、不必要なものがあります。

粘土から造られている瓦は塗装の必要がなく、耐久性は50年以上と言われていますが、

セメント瓦やモニエル瓦は定期的な塗り替えが必要な屋根材です。

セメントに繊維を混ぜ、成型して着色した屋根材で、厚型スレートとも呼ばれており、

同じ素材の薄型スレート屋根に近い素材です。

塗装をする事で防水性を高め、表面を保護する必要があるのです。

 

群馬県太田市 Y様邸 屋根・外壁・付帯部塗装工事 屋根下塗り (1)

 

屋根の下塗りに使用したのは、ガイソーの遮熱専用シーラー、クールシーラーEPOです。

仕上げ塗料にも遮熱塗料を使用するのですが、

シーラーも遮熱専用塗料を使う事で更に遮熱性を向上させる事ができます。

今年の夏は本当に暑いですね。

これから塗装をご検討されている方は遮熱塗料も候補に入れてみてはいかがでしょうか。

「塗料について」はこちらのページです。

 

 

−N−

 

群馬県前橋市、高崎市、伊勢崎市、渋川市、太田市、桐生市、みどり市 で、塗装工事、屋根工事のことなら、マチダ建創へお気軽にご相談ください。

群馬の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

  群馬のお客様の声

もっと見る