塗装現場レポート

群馬県太田市にて外壁塗装用下塗り作業!

2019.9.28



 
いつもご覧頂きありがとうございます。
 
今回も現場レポートの報告です。
 
今回は群馬県太田市内のお客様邸にて外壁の塗り替え塗装工事のご依頼を頂きました。
 
前回までに外壁面の洗浄作業が完了しています。
 
今回は引き続きの作業として外壁の下塗りを行なっていきます。
 
今回のお客様邸の外壁は多くの住宅で使用されているサイディングではなく、モルタルの塗り壁でした。
 
モルタルの塗り壁の塗り替えを行う際に注意しなければならないのは、モルタル壁はサイディングなどに比べると塗料を吸い込むという事です。
 
塗料の吸い込む量が多いという事は、均一に塗料を塗らなければまだら模様のように仕上がるという事です。
 
これは見えなくなる下塗りに関しても同じ事です。
 
出来る限り全ての塗装工程を均一の厚みに仕上げる事で、最後の上塗りがどれだけ綺麗に仕上がるかが決まってくるのです。
 
見えないからいい、ではなく、見えない部分でも丁寧に作業を行うという事を心がけて作業を進めていきました。
 
今回の作業で全ての下塗りを終えることが出来ましたので、次回以降は中塗りから作業を行いたいと思います。
 
外壁塗装、屋根塗装、塗装工事についてお悩みのお客様! 是非お声掛けください!
 
★K★

群馬の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

  群馬のお客様の声

もっと見る