塗装現場レポート

群馬県前橋市にて防水工事!

2019.6.17

今回は群馬県前橋市内のお客様邸にて外壁塗装工事を行います。
 
外壁塗装に伴って元々の外装板目地に使われていたシール材も打ち替える事になりました。
 
このシール材は外装板と外装板の継ぎ目に打つのですが、施工時はとても柔らかく、ドロドロとしています。
 
ですが、時間が経つと、防水シール材というだけあり強い弾力が出るとともに、継ぎ目部分にガッチリと密着しています。
 
このシール材を剥ぎ取る作業が意外と力仕事なのです。
 
カッターや専用のVカットを行う工具を使って継ぎ目の両サイドの縁を切っていき、縁が切れたらあとは力一杯引っ張って剥ぎ取ります。
 
ですが力の入れ加減を考えないと、途中でちぎれてしまうので作業が進みません。
 
外壁全面のシール材の撤去は根気のいる作業です。
 
この打ち替えの作業は見た目だけではなく、シール材の劣化により外壁面から雨水や小さな虫などが家の中に侵入してくるのを防ぐ為の工事です。
 
ですので、継ぎ目と外装板に新しいシール材を密着させなければなりません。
 
その為にはこの撤去作業で手は抜けません。
 
綺麗に剥ぎ取り、この後に清掃、そしてプライマー等を塗ってから新しいシール材を打っていきます。
 
塗装工事だけではなく、防水工事も是非お声掛けください!
 
★K★

群馬の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

  群馬のお客様の声

もっと見る