塗装現場レポート

群馬県伊勢崎市にて屋根の下塗り作業!

2019.6.16

今回も前回に引き続き群馬県伊勢崎市内のお客様邸にての作業になります。
 
前回は屋根の洗浄作業を行いました。
 
隅々まで綺麗に洗浄を行い、一晩経っていますので屋根材のコロニアルもしっかり乾燥しています。
 
下塗りを行う際に注意しなければならないのは、塗料を塗る面に汚れやホコリが無いか、そして濡れたり湿ったりしていないかという点です。
 
汚れやホコリが無いようにするのは当たり前の事なのですが、水分も塗料によっては天敵になってしまう場合もあります。
 
特に今回の様な塗料は有機溶剤系の塗料なので水とは相性が抜群に悪いです。
 
その為水分を含んだ屋根材に塗ってしまった場合はしっかり屋根材に下塗り塗料が付着しません。
 
そうなってしまうと上塗りをしてもしっかりと屋根材に塗料が乗らない為その部分だけ劣化が早まってしまうのです。
 
そして下塗りを行う場合は塗料の種類を確認し、乾燥時間もきちんと守ります。
 
乾燥時間を守る事で下塗り材と上塗り材がひっつきやすい状態で上塗りを行う事ができるので強度、仕上がりもよくなるという事です!
 
きちんとした知識を持つ事で確かな施工を行っていきます!
 
塗装工事だけではなく、防水工事も是非お声掛けください!
 
★K★

群馬の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

  群馬のお客様の声

もっと見る