塗装現場レポート

群馬県前橋市 K様邸 屋根塗装・外壁塗装・付帯部塗装 施工前の状態 セメント瓦

2021.5.21

群馬県前橋市のK様邸にて、屋根塗装・外壁塗装・付帯部塗装のご依頼をいただきました!

 

今回は、施工前の状態についてお伝えします。

 

屋根材の種類はセメント瓦といい、

セメントと川砂を1:2もしくは1:3の比率で混ぜて成型した屋根材で、

瓦の中では軽量なのが特徴です。

 

群馬県前橋市 K様邸 屋根塗装・外壁塗装・付帯部塗装・防水工事 (2)

 

セメント瓦は塗装で保護されるのですが、

塗膜が劣化し、瓦自体の素材が表面に現れてザラつきが生じていました。

 

続いて外壁です。

汚れの付着や、シーリングの劣化が見られました。

 

群馬県前橋市 K様邸 屋根塗装・外壁塗装・付帯部塗装 施工前の状態 セメント瓦 (1)

群馬県前橋市 K様邸 屋根塗装・外壁塗装・付帯部塗装 施工前の状態 セメント瓦 (5)

 

こちらはモールです。

触ってみると、チョーキング現象が発生していました。

 

群馬県前橋市 K様邸 屋根塗装・外壁塗装・付帯部塗装 施工前の状態 セメント瓦 (6)

 

チョーキング現象とは、塗膜の劣化を表すサインの1つで、

塗膜で保護されている場所を触った時に、

指にチョークの粉のようなものが付着します。

これは塗料の中に含まれる顔料が紫外線に当たる事で粉状となって表れる症状です。

 

チョーキング現象が起こったらすぐに塗り替えないといけない、というわけではありませんが、

塗膜の機能が劣化している証拠なので、

この症状が出たら、なるべく早めに塗り替えをしましょう。

こちらの「こんな症状には要注意」のページでもチョーキング現象について詳しくご紹介しています。

 

モールにはひび割れも見られました。

 

群馬県前橋市 K様邸 屋根塗装・外壁塗装・付帯部塗装 施工前の状態 セメント瓦 (4)

 

補修し、塗装していきます。

「塗装工事の流れ」については、こちらのページです。

 

−N−

 

群馬県前橋市、高崎市、伊勢崎市、渋川市、太田市、桐生市、みどり市 で、塗装工事、屋根工事のことなら、マチダ建創へお気軽にご相談ください。

群馬の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

  群馬のお客様の声

もっと見る
top