塗装現場レポート

群馬県前橋市 N様邸 外壁塗装 屋根塗装 付帯部塗装 縁切り タスペーサー

2021.2.11

群馬県前橋市のN様邸にて、外壁塗装・屋根塗装・付帯部塗装のご報告の続きです!

 

引き続き、屋根塗装についてお伝えします。

前回の現場レポートでは、下塗りの様子までお伝えしました。

 

下塗りの次は、縁切りについてです。

スレート屋根は、屋根材と屋根材の間に隙間が空いています。

これは、屋根材の裏に雨水が溜まってしまわないよう、

わざと隙間を作り、雨水の逃げ道を作っています。

 

この隙間が、塗装をすると塗料によって埋まってしまうので、

縁切りという作業で隙間を作ってあげなくてはなりません。

 

驚く事に、この縁切りを知らないのか、わかっててやっているのか、

スレート屋根なのに縁切りをしない塗装屋というのが存在します。

それにより、せっかく塗装をしても早々に雨漏りに発展してしまったお宅を拝見した事があります。

スレート屋根の塗装では、絶対に縁切りが必要です。

「塗装屋選びに失敗しないために」は、こちらのページです。

 

昔は職人が屋根材一枚一枚隙間を作っていましたが、

今ではタスペーサーという道具を設置するだけで、

簡単に縁切りが行えるようになりました。

 

群馬県前橋市 N様邸 外壁塗装 屋根塗装 付帯部塗装 縁切り タスペーサー

 

写真の屋根の下に差し込んでいる黒い道具がタスペーサーです。

下に入れるのでも目立たなくなります。

「雨漏りから屋根を守る、タスペーサーとは」は、こちらのページです。

 

−N−

 

群馬県前橋市、高崎市、伊勢崎市、渋川市、太田市、桐生市、みどり市 で、塗装工事、屋根工事のことなら、マチダ建創へお気軽にご相談ください。

群馬の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

  群馬のお客様の声

もっと見る
top