塗装現場レポート

群馬県前橋市 ㈱P様貸店舗 外壁塗装・屋根塗装 施工前の様子② チョーキング現象 シーリング破断、亀裂

2021.1.5

群馬県前橋市の㈱P様貸店舗にて、外壁塗装・屋根塗装のご報告の続きです!

 

前回に引き続き、外壁の状態についてお伝えします。

 

外壁を触ってみると指にチョークのような粉が付きました。

 

群馬県前橋市 ㈱P様貸店舗 外壁塗装・屋根塗装 施工前の様子② チョーキング現象 シーリング破断、亀裂 (7)

 

これは『チョーキング現象』といって、外壁の劣化を表すサインです。

紫外線や雨によって、塗料の中の合成樹脂が分解され、

顔料が粉状になって浮き出てきたものです。

「こんな症状には要注意」のページでもチョーキング現象についてご紹介しています。

 

また、サイディングボードの継ぎ目などに施されているシーリング(コーキング)が劣化し、

破断、亀裂を起こして大きくひび割れていました。

 

群馬県前橋市 ㈱P様貸店舗 外壁塗装・屋根塗装 施工前の様子② チョーキング現象 シーリング破断、亀裂 (2)

群馬県前橋市 ㈱P様貸店舗 外壁塗装・屋根塗装 施工前の様子② チョーキング現象 シーリング破断、亀裂 (4)

 

外装でシーリングは早くに劣化する部分ではありますが、

ここまで大きな亀裂が入っているのは雨漏りの可能性や、

建物を守るシーリングが機能していない証拠なので、危険な状態です。

 

本来は隙間を埋めて雨水が入らないよう防水の役割や、

地震などの揺れに対して緩衝材の役割を担っているのですが、

どちらも全く機能していません。

「下地調整の重要なポイント1 コーキング処理」については、こちらのページです。

 

他、釘が錆びている事で外壁にサビが移っていたり、

雨樋の鉄部にも錆びが見られました。

 

群馬県前橋市 ㈱P様貸店舗 外壁塗装・屋根塗装 施工前の様子② チョーキング現象 シーリング破断、亀裂 (6)

群馬県前橋市 ㈱P様貸店舗 外壁塗装・屋根塗装 施工前の様子② チョーキング現象 シーリング破断、亀裂 (1)

 

錆びの危険性については、次回の現場レポートでお伝えします!

 

−N−

 

群馬県前橋市、高崎市、伊勢崎市、渋川市、太田市、桐生市、みどり市 で、塗装工事、屋根工事のことなら、マチダ建創へお気軽にご相談ください。

群馬の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

  群馬のお客様の声

もっと見る
top