塗装現場レポート

群馬県太田市 Y様邸 屋根・外壁・付帯部塗装工事 外壁中塗り

2020.9.17

群馬県太田市にて、屋根・外壁・付帯部塗装工事、雨どい交換の現場です。

「事業内容」については、こちらのページです。

 

今回は、外壁の中塗りの様子についてお伝えします。

 

外壁塗装では基本的に1回目を下塗り、2回目を中塗り、3回目を上塗りといいます。

基本的にはこのように3度塗りで仕上げますが、

下地の状態や、塗料の種類などによっては4度塗り、5度塗りを行う場合もあります。

今回は3度塗りです。

 

中塗りと上塗りでは同じ塗料を使用しました。

塗料は均一な厚みを作る為に重ね塗りをする必要があります。

もしも中塗りをせず、仕上げを1回だけにすると、

色むらができて、均一な厚みにはなりません。

 

また、塗料には塗料メーカーが定めている基準塗布量というものがあります。

この基準塗布量を遵守しなければ、塗料が持っている機能(遮熱性や防水性)を発揮する事ができません。

「塗装工事の流れ」については、こちらのページです。

 

群馬県太田市 Y様邸 屋根・外壁・付帯部塗装工事 外壁中塗り (2)

 

群馬県太田市 Y様邸 屋根・外壁・付帯部塗装工事 外壁中塗り (1)

 

↑白い部分とブラウンの部分がある2色仕上げです。

 

塗装には吹き付け工法、ローラー工法とありますが、

外壁塗装の場合は主にローラーで塗装をします。

その方が均一な厚みにできますし、塗料の飛散が少ないからです。

 

次回の現場レポートでは、上塗りの様子についてお伝えします!

 

−N−

 

群馬県前橋市、高崎市、伊勢崎市、渋川市、太田市、桐生市、みどり市 で、塗装工事、屋根工事のことなら、マチダ建創へお気軽にご相談ください。

群馬の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

  群馬のお客様の声

もっと見る