塗装現場レポート

群馬県太田市にて下塗り作業!

2019.9.20



 
いつもご覧頂きありがとうございます。
 
今回も現場レポートの報告です。
 
今回は群馬県太田市内のお客様邸にて外壁の塗り替え塗装工事のご依頼を頂きました。
 
前回の作業までに洗浄をすべて完了していましたので、今回は引き続きの作業として下塗りを行なっていきます。
 
そもそも下塗りとは?
 
と思われるお客様もいらっしゃると思います。
 
カンタンに説明すると、塗装面と塗料とをしっかりと密着させる接着剤だと思ってください。
 
この接着剤を塗る事で、塗料の強度、耐久性が大きく上がります。
 
つまり、長い時間で見ても、この下塗りを丁寧に行うか否かによって、建物の状態が大きく左右されるという事です。
 
下塗りはシーラーと呼ばれる塗料を使います。
 
今回はモルタル製の壁でしたので、きちんと吸収するように塗装していきます。
 
塗りムラや塗り残しがないように気をつけて作業を進めていきました。
 
丸一日をかけて今回の下塗りを終わらせる事が出来ました。
 
次回より中塗りに進んでいきたいとおもいます。
 
この中塗りは必ず下塗りのシーラーが乾燥後に行うようにしましょう!
 
外壁塗装、屋根塗装、塗装工事についてお悩みのお客様! 是非お声掛けください!
 
★K★

群馬の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

  群馬のお客様の声

もっと見る