塗装現場レポート

群馬県桐生市 S様邸 外壁塗装・付帯部塗装 下地処理 シーリング工事① 打ち替え工事と増し打ち工事の違い

2021.2.18

群馬県桐生市のS様邸にて、外壁塗装・付帯部塗装のご報告の続きです!

 

今回は、下地処理の1つ、シーリング工事の様子についてお伝えします。

「塗装前の下地処理」については、こちらのページです。

 

群馬県桐生市 S様邸 外壁塗装・付帯部塗装 下地処理 シーリング工事 打ち替え工事と増し打ち工事の違い

 

外壁材の継ぎ目に施してあるゴム状のものをシーリング(またはコーキング)といいます。

建物はもともと隙間ができるように作られています。

地震などの揺れでひび割れが起きてしまうからです。

 

しかし、隙間をそのままにしては、雨水や害虫が入ってきてしまいますので、

シーリング材を充填して防水性・気密性を持たせているのです。

 

シーリングは紫外線などにより、劣化すると硬くなったり亀裂が入ったりします。

そうなると隙間ができてしまったり、

揺れに対して緩衝材の役割を果たせなくなってしまうので、

定期的なメンテナンスが必要です。

 

シーリング工事には2種類あります。

 

既存のシーリングを撤去して新しいシーリングを充填する工事を

『シーリング打ち替え工事』と言います。

 

もう1つが、既存のシーリングの上から新しいシーリングを増し打ちする、

『シーリング増し打ち工事』です。

「下地調整の重要なポイント1 コーキング処理」については、こちらのページです。

 

今回の施工では、場所によって施工方法を変えます。

施工の様子は、次回の現場レポートでお伝えします!

 

−N−

 

群馬県前橋市、高崎市、伊勢崎市、渋川市、太田市、桐生市、みどり市 で、塗装工事、屋根工事のことなら、マチダ建創へお気軽にご相談ください。

群馬の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

  群馬のお客様の声

もっと見る
top