塗装現場レポート

群馬県太田市 Sアパート 外壁塗装・屋根塗装 施工前の状態 無料現場調査

2021.1.23

群馬県太田市のSアパートにて、外壁塗装・屋根塗装を行いました!

 

今回は、施工前の事前調査の様子についてお伝えします。

 

築27年のアパートで、ホワイトの外壁という事もあり、

汚れや塗膜の剥がれが目立っていました。

「こんな症状には要注意」は、こちらのページです。

 

群馬県太田市 Sアパート 外壁塗装・屋根塗装・付帯部塗装 (4)

 

群馬県太田市 Sアパート 外壁塗装・屋根塗装・付帯部塗装 (5)

 

また、外壁を触ってみるとチョークのような粉が指に付着しました。

これは塗膜の劣化を表す代表的なサインである『チョーキング現象』という症状です。

チョーキング現象は白亜化現象とも呼ばれ、

塗料の中に含まれる、色を作り出す顔料が、

外壁の表面に浮き上がってチョークのような粉になって現れます。

 

外壁の表面にある表層樹脂が、紫外線や熱、雨風により劣化して起こる現象です。

チョーキング現象はご自身でも確認できる外壁塗装のサインです。

外壁の塗膜が防水効果を失ってきているサインですので、

ご自宅の外壁を触ってチョークのような粉が付いたら、調査をご依頼される事をお勧めします。

当社の調査・お見積りは無料ですので、お気軽にどうぞ!

「マチダ建創の無料診断について」は、こちらのページです。

 

他にも、屋根や鼻隠し、軒天、雨樋、笠木などの塗膜も劣化していた為、

併せて塗装による補修を承りました。

 

−N−

 

群馬県前橋市、高崎市、伊勢崎市、渋川市、太田市、桐生市、みどり市 で、塗装工事、屋根工事のことなら、マチダ建創へお気軽にご相談ください。

群馬の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

  群馬のお客様の声

もっと見る