塗装現場レポート

群馬県北群馬郡吉岡町 K様邸 外壁塗装 付帯部塗装 シーリング工事② 打ち替えと増し打ち

2020.11.21

群馬県北群馬郡吉岡町のK様邸にて、外壁塗装・付帯部塗装のご報告の続きです!

 

引き続き、シーリング工事についてお伝えします。

 

前回の現場レポートでお伝えしましたが、シーリングは本来、弾力のある素材で、

地震などの揺れに柔軟に対応し、外壁にひび割れが起こりにくいよう守ってくれています。

また、隙間を埋める事で防水の役割も担っています。

 

群馬県北群馬郡吉岡町 K様邸 外壁塗装 付帯部塗装 シーリング工事② 打ち替えと増し打ち

 

しかし、紫外線などによって劣化してくると、

硬くなって隙間ができてしまいます。

そうなると先述した2つの役割をどちらも成す事ができません。

 

その為、シーリングを充填し直して隙間が無く、弾力のないシーリングに戻します。

 

外壁塗装は、ただ古い外壁に新しい塗料を塗るだけだと思われがちですが、

塗装の前には高圧洗浄や劣化補修など、長い経過を経て塗装に入ります。

「塗装工事を行う際に必要な事」については、こちらのページです。

 

シーリング工事は大きく分けてシーリング打ち替え工事とシーリング増し打ち工事があります。

打ち替え工事は、古いシーリング材を撤去し、新しいシーリング材を充填し直す工事です。

増し打ち工事は、シーリング部分の上から新しいシーリング材を充填して補修する工事です。

全部打ち替えですという工事店もありますが、

構造にもよりますが、サッシ廻りはシーリングを撤去する事で施工不良を起こし、雨漏りに発展する恐れがあります。

今回はサッシ廻りは増し打ち、他は打ち替えで行います。

「下地調整の重要なポイント1 コーキング処理」については、こちらのページです。

 

−N−

 

群馬県前橋市、高崎市、伊勢崎市、渋川市、太田市、桐生市、みどり市 で、塗装工事、屋根工事のことなら、マチダ建創へお気軽にご相談ください。

群馬の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

  群馬のお客様の声

もっと見る