塗装現場レポート

群馬県北群馬郡吉岡町 K様邸 外壁塗装 付帯部塗装 現場調査 外壁の苔やカビの恐ろしさ コーキングの劣化

2020.11.17

群馬県北群馬郡吉岡町のK様邸にて、外壁塗装・付帯部塗装のご依頼をいただきました。

 

今回は、現場調査の様子についてお伝えします。

 

 

群馬県北群馬郡吉岡町 K様邸 外壁塗装 付帯部塗装 現場調査 外壁の苔やカビの恐ろしさ コーキングの劣化 (2)

 

外壁は汚れが目立っており、北側の日当たりの悪い部分は湿気によってカビや苔が生えてしまっていました。

新築の外壁というのはカビや苔が生えません。

原因は、外壁に施されている塗膜の防水効果が失われ、

外壁が湿気を含むようになって苔やカビが発生します。

つまり、苔やカビは外壁の防水効果が失っている事を表す証拠なんです。

 

また、苔やカビの胞子は空気中を漂っています。

換気をしようと窓を開けると胞子が室内に入ってきて、

アレルギーや喘息など人体への悪影響を及ぼします。

その為、外壁に苔やカビが発生したら、家族の為にも、

外壁の為にも早めの対処が必要です。

「こんな症状には要注意」は、こちらのページです。

 

群馬県北群馬郡吉岡町 K様邸 外壁塗装 付帯部塗装 現場調査 外壁の苔やカビの恐ろしさ コーキングの劣化 (6)

 

コーキングは建物の中で一番最初に劣化し始める部分です。

硬くなり、隙間ができてしまっていました。

コーキングが原因で雨漏りに発展する場合もあります。

コーキング打ち替え工事を行ってから塗装に入ります。

「下地調整の重要なポイント1 コーキング処理」については、こちらのページです。

群馬県北群馬郡吉岡町 K様邸 外壁塗装 付帯部塗装 現場調査 外壁の苔やカビの恐ろしさ コーキングの劣化 (5)

群馬県北群馬郡吉岡町 K様邸 外壁塗装 付帯部塗装 現場調査 外壁の苔やカビの恐ろしさ コーキングの劣化 (4)

 

他、雨戸などの付帯部も塗膜が劣化していたので、

塗装をさせていただく事となりました。

施工の様子は、次回の現場レポートで!

 

−N−

 

群馬県前橋市、高崎市、伊勢崎市、渋川市、太田市、桐生市、みどり市 で、塗装工事、屋根工事のことなら、マチダ建創へお気軽にご相談ください。

群馬の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

  群馬のお客様の声

もっと見る