塗装現場レポート

U様貸店舗外装リフォーム工事が完工しました!

2020.7.7

こんにちは!
前橋市のU様貸店舗外装リフォーム工事が完工しましたので、ご報告します★

サビが目立っていた外観は、塗装によってすっかり綺麗になりました!
屋根・外壁・付帯部ともに、ガイソーのフッ素塗料を使っているので、美しさも長持ちします。
もちろん、長持ちの秘訣はマチダ建創の自慢の下地処理によるものでもあります!

 

オーナー様、借主様、近隣の住民のみなさま、着工中のご理解ご協力、誠にありがとうございました。

 

今回は、外装に目立った老朽化のサインが多く出ていました。
こちらでご紹介しますので、参考にしてみてください。

 

老朽化のサインのひとつがチョーキングです。

写真のように、壁を触ると、白い粉のようなものがつく現象をチョーキングといいます。
チョーキングは、塗料の持つ効果がなくなってきているサインです。
ご自宅などの壁で発生していたら、塗装屋さんに相談してみてください。

 

また、金属製の外壁や屋根は、釘で止めるものであるため、長年風雨にさらされることで浮きや抜けが発生します。

これも、隙間から湿気や水分が入り込み、下地を傷める原因となるため、対応が必要です。

 

雨どいの汚れ、ゴミのつまりも、排水不全に繋がってしまうので、注意が必要です! 外装のことで気になることがありましたら、いつでもマチダ建創にご相談ください。

群馬の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

  群馬のお客様の声

もっと見る