塗装現場レポート

群馬県高崎市 外壁塗装 養生工事 マスカー 無料見積もり

2020.3.24

群馬県高崎市にて外壁塗装の養生工事を行ってきました。
 
外壁塗装の工程では、下地調整に続いて行う作業になりますね。
 
養生工事を行う際の注意点としては、下地調整で行ったコーキング処理と干渉しないことですね。
 
サイディングのジョイントなどで、コーキングの打ち換えを行った場合には、乾燥するまでに数日の乾燥期間が必要になります。
 
一般的には、玄関ドアや勝手口などのサッシまわりのコーキング処理も行うので、養生の際にh注意が必要になりますね。
 
養生の際には、マスカーや布テープなどを使用することが一般的です。
 
マスカーのサイズやテープの素材など、現在ではさまざまな種類の商品が販売されています。
 
長年の経験から塗り替えに最適なマスカーの選定も、外壁塗装を綺麗に仕上げるためには重要なポイントになりますね。
 
一般的に普及しているマスカーは、550や1100㎜のビニールのタイプですね。
 
大きな掃き出し窓には1100㎜を使用します。
 
掃き出し窓全体を囲ってしまうことができるので、塗料の飛散する隙間を作ることなく養生できますよ。
 
仮設足場の設置状況や、建物の窓の位置なども考えてマスカーの種類や施工方法を工夫することも大事ですね。
 

養生工事についてはこちら→塗装前の下地処理について
 
★M★

群馬の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

  群馬のお客様の声

もっと見る