塗装現場レポート

群馬県桐生市にて屋根塗装工事!

2019.10.29

 
いつもご覧いただきありがとうございます。
 
今回も現場レポートの報告です。
 
今回は群馬県桐生市内のお客様邸にて屋根、外壁の塗り替え塗装工事のご依頼を頂きました。
 
前回までに屋根の洗浄作業が完了していましたので今回は下塗りを行なっていきます。
 
今回のお客様邸の屋根材は瓦ではなく、コロニアルを使用していました。
 
写真を見ていただくと分かりやすいのですが、かなり劣化が進んでいます。
 
もとの屋根色は深緑のような濃い色だったのですが色が抜けてしまいかなり古びた印象になっています。
 
こうなってしまうと塗り替えを行うしかありません。
 
そこで洗浄を済まし、今回は下塗りを行うというわけです。
 
下塗りはシーラーと呼ばれる塗料を塗っていきます。
 
これは塗料と屋根材とをしっかり密着させる為の材料です。
 
下塗りを行うことで塗装強度が増し、経年劣化を抑える効果にも繋がっていきます。
 
今回の作業で下塗りは完了しました。
 
次回は中塗り、上塗りを進めていきますが必ず下塗りが乾燥し切った状態である事を確認してから作業員に入りたいと思います。
 
塗装には乾燥も大切な作業なのです。
 
外壁塗装、屋根塗装、塗装工事についてお悩みのお客様! 是非お声掛けください!
 
★K★

群馬の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

  群馬のお客様の声

もっと見る