塗装現場レポート

群馬県高崎市にて雨どい、破風塗装!

2019.7.7

いつもご覧頂きありがとうございます。
 
今回も現場レポートの報告です。
 
今回は群馬県高崎市内のお客様邸にて外壁塗装並びに屋根塗装工事のご依頼を頂きました。
 
今回は雨どい、破風の塗装を行いました。
 
前回までに雨どい、破風のケレン作業が完了していましたので今回は下塗り、上塗りを行います。
 
まずは雨どいの下塗りです。
 
下塗りはシーラーと呼ばれる下地材を塗っていきます。
 
これは接着剤のようなもので、雨どいと上塗りの塗料を綺麗に密着させてくれる効果があります。
 
シーラーの塗装が終わると上塗りですが、ここでシーラーが完全に乾くまで待たなければなりません。
 
しっかりと乾燥させる事でより確実にお互いを密着させる事が出来るので、経年劣化を抑えてくれる効果も大きくなります。
 
その間に破風もシーラーを塗っていきました。
 
雨どい、破風どちらもツヤありのブラックでの塗装でしたので乾燥が確認できたら一気に塗りあげます。
 
雨どいに関してはローラーの筋が残らないよう注意しながら塗装を行いました。
今回の工事で雨どいと破風の塗装は完了しました。
 
次回以降外壁全体の塗装へと移行していきたいと思います。
 
外壁塗装、屋根塗装、塗装工事についてお悩みのお客様! 是非お声掛けください!
 
★K★

群馬の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

  群馬のお客様の声

もっと見る