塗装現場レポート

群馬県高崎市にて足場組み!

2019.6.27

いつもご覧頂きありがとうございます。
 
今回も現場レポートの報告です。
 
今回は群馬県高崎市内のお客様邸にて屋根塗装並びに、外壁塗装のご依頼を頂きました。
 
本日より総二階建ての現場内に入らせていただきました。
 
新しい現場の始まりはまずは足場立てからです。
 
大きな現場では専門の足場業者に頼む事もありますが、一軒家はほとんど我々塗装屋さんが足場も立てます。
 
単管足場と呼ばれるものを使い組み上げていきます。
 
水平、高さ、傾きなどに気をつけながら外壁や建物に傷がつかないよう注意して作業を行います。
 
足場を立て終わったら次は防護ネットを張っていきます。
 
この防護ネットの本来の使用目的は、誤って足場から落下してしまった際に少しでも負傷度合いを小さくする為に設置する事です。
 
この目的は勿論なのですが、塗装においてはもう一つの意味合いも持っています。
 
それは、水や塗料の飛散の防止です。
 
特に洗浄作業においては高圧洗浄機を使っての作業になりますので、ものすごい水圧で外壁、屋根面を洗浄します。
 
この際に汚れやゴミ等が広く飛び散らない様にも一役買ってくれる一石二鳥のアイテムなのです。
 
無事に1日かけて作業が終わりましたので、明日以降塗装作業に入りたいと思います。
 
外壁塗装、屋根塗装、塗装工事についてお悩みのお客様! 是非お声掛けください!
 
★K★

群馬の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

  群馬のお客様の声

もっと見る