外壁塗装ブログ

雨漏りは梅雨明けまで待ってくれない!梅雨時でも塗装はできます。(いまだけ10%OFF)

2019.6.14


 
関東でも先日梅雨入りしましたね。

外壁塗装を考えていたけど、梅雨に入ってしまったし、梅雨明けまで待った方がいいよね?
とお考えの方もいらっしゃると思います。
 
しかし、梅雨明けまで待つのは危険!!
雨が何日も続く梅雨の時期だからこそ、これまで気がつかなかったような雨漏りが見つかることも多く、壁にいつのまにか雨水でシミができていたり、天井の思わぬ箇所から水が漏れてきたりすることもあるからです。
 

 
雨漏りが起きてしまった場合、雨漏りの原因を特定するのは熟年の職人でも難しく、さらに、雨水の水分が染み込むことによって、内部の腐食や劣化が発生し、大掛かりな工事になり高額な費用が発生してしまうことも少なくありません。
 
雨漏りはなによりも予防が大切!
起きてしまう前に、屋根・外壁の点検を行うことをお勧めします。
(梅雨時は業者も落ち着いている時期なのですぐに来てもらえるところも多いと思います。)

 
もちろん、マチダ建創の無料診断は、屋根も外壁も付帯部も…お住まい全体を点検いたしますので、お気軽にお問い合わせください!
 
 
梅雨時期の塗装をマチダ建創にご依頼いただくと
①お天気に合わせた臨機応変な作業工程
②さらに丁寧な施工
③梅雨明け前までにお問い合わせの方限定10%OFF
 
①お天気に合わせた臨機応変な作業工程

雨が降る日は塗装作業をすることはできません。(雨の日でも塗装を行おうとする業者はNGです!)

しかし、これはどの季節でも同じこと。
外壁塗装工事の中の「塗装」ができないだけであって、他の作業については雨の影響はありません。
 
雨の日でもできる作業は
・足場の設置
・養生作業(塗装しない部分を保護)
・塗装前の外壁を洗い流す高圧洗浄
・塗装後、養生を外す作業
・掃除や片付け
などがあります。思ったよりもありますよね。

 
私たちは、工程の順番のタイミングにもよりますが、
「塗装」以外の作業を、雨の日に行い、晴れた日に塗装作業を行うといった、
お天気に合わせたスケジュールを組み、工期の遅延を最小限に抑えた塗装工事を行っています。

 
雨の日が多い時期だからこそ、工期が延びてしまう可能性はありますが、工期にこだわらないのであれば、この時期は気温も高く、塗料の硬化も早くなりますので、雨が降らなければこの時期の塗装は適しています。
 
②さらに丁寧な施工
当社は妥協は一切しません。

常に丁寧な施工を行っていますが、繁忙期に比べれば時間的余裕もありますので、
さらにお客様のご要望に沿った施工を行うことが可能です。
 
③いまだけ10%OFF (梅雨明け前までにお問い合わせいただいた方限定)
塗装ができないと思っている方も多く、お問い合わせがあまり多くない時期だからこそ、10%OFFで施工させていただきます!

 
重ねてにはなりますが、雨漏りは梅雨明けするまで待ってはくれません。
もし雨漏りが起きれば、どんどん劣化は進みますし、修理代もその分かかります…。
そして、梅雨が明けても台風やゲリラ豪雨の季節がやってきます。
 
外壁のこと、屋根のことで、気になることがあるのであれば、ぜひお気軽にお問い合わせください。
マチダ建創の外壁・屋根診断は無料です。

群馬の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

  群馬のお客様の声

もっと見る